監修医からのメッセージ

Introduction of laboratory
早期発見、早期治療

早期発見、早期治療

健康のためには病気の早期発見、早期治療が大切なのは言うまでもありません。
国民生活基礎調査における「健診(健康診断や健康診査)や人間ドックの受診状況」の調査(平成28年)では,健診や人間ドックを受けなかった理由の上位に「時間がとれなかったから」「めんどうだから」があります。
また,内閣府が公表している平成28年度のがん対策に関する世論調査においても、がん検診を受けない理由の第一位は「受ける時間がないから」です。

検査が楽であること

“検査が楽である”こと

健診を受ける必要性は分かっていながら医療機関にはなかなか受診出来ない、あるいは症状がない状況での医療機関受診に抵抗がある方もいらっしゃると思います。
ですが、症状が出る前だからこそ病気の早期発見に繋がる可能性があります。
そのような方にとって自宅で簡単に血液検査ができることは朗報でしょう。
また、血液検査データは定期的な検査により経時的変化を追うことも重要です。
そして定期的に検査を行うためには、“検査が楽である”ことが何より重要と考えます。

時間的・身体的・精神的負担が軽減

時間的・身体的・精神的負担が軽減

MYcaresistは、指先での数滴の血液で肝機能・腎機能・脂質代謝・糖代謝・炎症反応などが測定でき、結果は時系列で把握することが可能です。
定期的に検査を行うことで基準値を外れたことを早期発見でき、その際に医療機関を受診していただくことで早期治療に繋がります。
医療機関受診の必要がないMYcaresistは時間的・身体的・精神的負担が軽減できる画期的な検査です。